自然の恵みを、振りかける。

自然の恵みを、振りかける。

「玄米ギャバ」と「いわしさんの削りぶし」のお手製 振りかけ、
ランチタイムに大活躍です。!
はじめは、「ウン⁇」っていうスタッフもいたギャバの振りかけですが、
いまや、すっかり定番になり、無くてはならないものになっています。
作る人によって、素材の配合バランスが微妙に違い、時々に味わいが違うのも手作りの面白さ。
ここのところ、外食の時にも持参したいという “男子” 手作りのギャバ振りかけが定番に。桜えびが多めに入っています。
このギャバ振りかけ、ヨーグルトにかけてもok!こんがり焼けたパンにもよく合います。
作っても作ってもすぐ無くなってしまう、ランチタイムの必需品!
是非、お試しを!

生命を育んだ、太陽の恵みや海の滋養分が、
こんなに手軽に楽しめるなんて、人間の知恵って素晴らしいと思います。

tomo chan

○ “お手製ふりかけ” の作り方
材料をジップ袋に入れて、かきまぜながら指で揉みつぶすだけで出来上がり! 簡単&おいしい&ヘルシー!

材料
* 生活習慣病対策に、いま改めて注目の、食べる米ぬか「玄米素材ギャバ200」大さじ2杯
* 「いわしさんの削りぶし」二つまみ。
* 「わじまの海塩」小さじ3分の1
* お好みで青のり、白煎り擦りごまを適量。
* 更に、天日素干し桜えびを一つまみを加えれば、プレミアムな “逸品ふりかけ” に!

○主な材料の栄養成分
・食べる米ぬか、玄米素材ギャバ200
玄米ご飯に比べ140倍も多く含まれているギャバは、物忘れが気になるシニア世代にも強い味方です。わずか大さじ1杯分で玄米ご飯二膳分もの玄米栄養成分を摂取できます。

いわしさんの削り節
100g当たり、なんと1000mgのカルシウム量。カルシウムの吸収を手助けするビタミン類も豊富です。育ちざかりの子供からお年寄りまで、毎日、召し上がっていただきたい健康長寿食品です。

天日 素干し桜えび
太陽の光を吸って一層香ばしさが増し、水分が抜けて、カルシウムなどの豊富な海の滋養分が凝縮!殻も内臓もすべて丸ごと食べられるので美容と健康にお勧めです。

マチスと落ち葉とオメガオイル

 

マチスと落ち葉とオメガ オイル

散歩の途中で拾った桜の落ち葉、マチスの切り絵と並べて楽しんでいます。
落ち葉は、活けて眺めていると気持ちが安らぐから不思議。
桜の葉は、寒暖差のストレスを “肥やし” に、黄、赤、茶、とりどりに朽ち色に染まって一生を終える。

枯れても華を残す桜は見事。

マチスの切り絵、青く塗った紙を切り取ったポーズする裸婦が若々しい。
晩年のマチスが手術後の体力の落ちたベッドで、ハサミひとつから生み出したアートは、
マチスが若さをぶつけて生み出した力作に引けを取らない傑作。老いて尚、新境地を拓くマチスに感服。

使いかけの「オメガオイル」の瓶。

来年1月の発売に向けて試食中!

「オメガオイル」は、いつまでも若々しく、健康を願うすべての人に嬉しい、3種類の不飽和脂肪酸が豊富。

おはよう水素shop おススメの “健康長寿オイル” です。そのまま、サラダやパンにかけて皆んなでランチタイムを楽しんでいます。

 

「人生は、後半が楽しい」とは、おはよう水素shopのプラズマ水素水®︎を推薦いただいている帯津良一先生*の言葉。そうありたいと思います。

*帯津三敬病院名誉院長。統合医療の第一人者、中医学の実践に情熱を注ぐ。

hima hima

九州 唐津海社の 高級珍味「コロコロからすみ 」好評発売中!

さいころ状にカットした、新しいタイプのからすみ、「コロコロからすみ」です。

材料のボラは唐津、五島、平戸、宮崎でとれた沖ボラのみを使用。ラデイッシュ、大根、プチトマト、チーズなどに合わせてピンチョイス料理にすると、お洒落なおもてなし料理の一品に。旅行やお花見のおともにも!