IDとパスワードを
お持ちの お客様

新規会員登録で今すぐ使える
新規会員登録で1000ポイント
会員登録


ペットの水素サプリメントimg1 高齢化するペットの健康、病気予防に!
天然サンゴカルシウム100%の水素力
「ペットの水素サプリメント」愛用者の声
ペットの水素サプリメントをきりまるに与えてみたら、
食べては寝、食べては寝ばかリだったのが、おもちゃで遊ぶようになったんです。おもちゃ箱に顔を突っ込んで、お気に入りのたまごちゃんをひっぱり出して遊び始めました。 以前飼っていたとびまるは、痴呆になって、夜鳴き、徘徊もあり3年介護しました。今はきりまるとマルゴにはサプリと同じシリーズのプラズマ水素水を与えているけれど、当時はハワイウォーターを取り寄せていました。人間と同じで長生きになってきたから、老化予防にとても気を使っています。 サプリ、フード、水…。いろいろなものがあって迷うけれど、犬は体も小さくて寿命も短いから信頼できるものを与えたいですね。
ポイント(1)天然サンゴカルシウム100%の水素力
特許製法、国産原料、国内生産
ペットの水素サプリメントは、特許製法により未焼成サンゴカルシウムを水素還元焼成することで還元力を発揮するサプリメントです。
高い還元力
(右図)ペットの水素サプリメントのカプセル内の粉を水に1g入れた場合、サンゴカルシウムにイオン結合された水素が水に溶け込み、1~2時間以内にORPは-180~-250mvとなります。PHは10.0~11.9となります。
※酸化還元電位とは、水の電位差を測定し、酸化度合いと還元度合いを表す指標です。
ポイント(2)与え方はとてもカンタン!
ペット、愛犬、愛猫
カプセルの両端を軽くつまみ、回しながら開け、中の粉のみ与えます。粉はフードや水に混ぜてください。フードに混ぜて与える際には水分を、特にドライフードの場合は食後に給水をおすすめします。
ペットの水素サプリメントの与え方
●カプセル仕様です。
カプセルの中の粉は、完全無添加で湿気や温度に非常にデリケート。高品質を保ち、水素の効果を最大限に発揮させるために。袋に直接粉を入れる包装ではなく、あえてカプセル状にしています。変質を防ぐためにも、1カプセルを1回で使い切ってください。

●中の粉を出して与えます。
カプセルのままですと、ノドにつかえる心配がありますので、カプセル内の粉をフードや水に混ぜて与えてください。

●与える量の目安。
以下の体重を基準に1日に与える量を決めてください。
2kg以下・・・・・1カプセル
2kg~10kg・・・・・1~2カプセル
10kg以上・・・・・2~3カプセル


ペットの水素サプリメント  Q&Aはコチラ  
ペットの水素サプリメント
ペットの水素サプリメント30カプセル
ワンちゃんネコちゃんに。人用と同じピュア水素だから安心です。
通常価格2,852円(税込)
12周年感謝価格 2,556円(税込)10%OFF 
数量:
    
【3個】12周年感謝価格6,930円(税込)8%OFF
【10個】12周年感謝価格19,700円(税込)8%OFF
ご注文前にご確認ください
名   称 ペット用栄養補助食品 犬用・猫用
内   容 ペットの水素サプリメント:7.2g(240mg×30カプセル)
賞味期限 袋裏面に記載
保存方法 高温多湿を避け、冷暗所に保管
原材料 水素還元焼成サンゴCa、HPMC
給与方法 カプセルのままですと、喉につかえる恐れがありますので、カプセル内の粉をエサに混ぜるなどして与えてください。同時に水分を与えるようにしてください。
給餌の基準 ペット用栄養補助食品として、以下の体重を基準に1日に与える量を決めてください。2kg以下…1カプセル、2kg~10kg…1~2カプセル、10kg以上…2~3カプセル
ご注意 担当獣医師をお持ちの場合にはご相談してください。まれにサンゴカルシウムやカプセルの素材に アレルギー反応を起こす場合がございます。 その場合はご使用を中止して下さい。開封後はチャックをしっかり閉め、賞味期限にかかわらず、お早めにご使用ください。本品は自然食品のため外観上、多少の違いが生じる場合がございますが、品質には問題ありません。
成分 粗タンパク、粗脂肪、粗繊維、水分は各1%以下、粗灰分99%以上
広告文責 株式会社 百  0120-064-313
メーカー
(製造)
株式会社  TAANE
区分 日本製・ペット用栄養補助食品

水素サプリメントおはよう水素 HOME水素の話よくある質問ポイント・クーポンについて

Copyright© Hyaku.inc All Right Rsserved  |会社概要特定商取引法に基づく表記配送・配送料についてプライバシー・ポリシーお問い合せ


Google Sitemaps用XML自動生成ツール   rss1.0  rss2.0